クラウンのダッシュボードの亀裂を修理しました

ダッシュボードはいつも見えるものですから小さな亀裂でも気になりますよね…放置しておくと更に広がったりもします。

できれば症状の小さなうちにリペア(修理・補修)される事を勧めします。

ちなみにダッシュボードの交換は、部品代と工賃で8~10万円程度は掛かります。

今回の施工紹介は、18クラウンで発生しやすい、ダッシュボードの亀裂のリペア(修理・補修)です。

ダッシュボードはいつも見えるものですから小さな亀裂でも気になりますよね…放置しておくと更に広がったりもします。

できれば症状の小さなうちにリペア(修理・補修)される事を勧めします。

ダッシュボード亀裂補修01

これはまたダッシュボードのど真ん中に大きな亀裂が入ってしまってますね…オーナー様も気になって仕方ないらしいです…

では寒いですけど、エガ社長頑張ります!!

ダッシュボード亀裂修復02

ダッシュボードにはボツボツとしたシボ模様が付けられています。

亀裂の修復過程では、削ったりパテを盛ったり削ったりするために、シボ模様が消えてしまいます。

しかしシボ模様を完璧に再現はできませんが、普通に見た限りでは違和感がないように再現することが可能です。

傷の補修が終わったら、最後に調色したダッシュボード用の特殊な塗料で塗装して完成です。

ダッシュボード亀裂補修03

塗装には安全性の高い水性塗料を使用してますので、有害で嫌なシンナー臭なども残りません。施工後はすぐにお使いいただけます。