インパネの傷・えぐれのリペア補修作業

今回は、カーナビの取り付け時に付いてしまった、インパネの傷・えぐれのリペア補修のご紹介です。

ダッシュボード・インパネは、交通事故で頭や体が衝突した時に、クッションの役目を持つように、柔らかめの素材で出来ているものが多くなっています。

そのために、うっかりすると傷が入る場合も多々あります。今回ご紹介するのは、カーナビの取り付けの際に、ドライバーなどの工具がインパネに当たってしまい、傷・えぐれが入ってしまっていました。

インパネの傷・えぐれのリペア補修作業前

インパネの傷・えぐれのリペア補修01

取り替えるとなるとかなり高額になりますが、インテリアリペア技術で部分補修をしますと、低価格で素早くリペアすることができます。

リペア作業は、傷を埋めてから模様を再現し、塗装をして完了です。言葉にすると簡単ですが、繊細な作業でかなり神経を集中して行っています。

インパネの傷・えぐれのリペア補修作業後

インパネの傷・えぐれのリペア補修

佐賀県佐賀市の(株)ダイ・ケンオートサービスでは、自動車内装の

  • 本革、革、合皮、レザー、ビニールレザー
    • シート
    • ハンドル
    • ドア内張り
  • プラスチック
    • ダッシュボード
    • ピラー
    • ドア内張り
  • 布、モケット
    • シート
    • 天井
    • ドア内張り

などの、

  • 破れ
  • 擦れ
  • 色剥げ
  • 焦げ穴
  • 変色

などを、取り替えや張り替えをせずに、部分補修であるインテリアリペア技術でリペア補修を行なっています。

代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!
ダイ・ケンオートサービス

自動車内装のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。