マークⅡの革ハンドルのテカリと破れのリペア補修-福岡市内からのご来店

革ハンドルは長年乗っているとテカリが出てきます。原因の多くは手垢や手の脂が原因のようです。このテカリがあるとせっかくの革が安っぽく見えてしまいます。

今回は福岡市内からわざわざ1時間半をかけてご来店いただきました。

マークⅡ

革ハンドルのテカリ

革ハンドルのテカリ

革ハンドルの破れ

革ハンドルの破れ01

革ハンドルの破れ02

ウッドコンビハンドルは、ウッドの境目がこのように破れてくる場合があります。これは放っておくとどんどん酷くなりますので早めのリペアが必要です。

さあ!お客様の喜ぶ顔を想像しながらがんばります!
ダイ・ケンオートサービス江頭健二

ハンドルをクリーニングし、破れを塞いで再塗装します。この時に革の質感の再現に注意しています。

革ハンドルのテカリ補修後

革ハンドルのテカリ補修

革ハンドルの破れ補修後

革ハンドルの破れ補修01

革ハンドルの敗れ補修02

安っぽいテカリも無くなりキレイに生まれ変わりました。

佐賀県佐賀市の(株)ダイ・ケンオートサービスでは、自動車内装の

  • 本革、革、合皮、レザー、ビニールレザー
    • シート
    • ハンドル
    • ドア内張り
  • プラスチック
    • ダッシュボード
    • ピラー
    • ドア内張り
  • 布、モケット
    • シート
    • 天井
    • ドア内張り

などの、

  • 破れ
  • 擦れ
  • 色剥げ
  • 焦げ穴
  • 変色

などを、取り替えや張り替えをせずに、部分補修であるインテリアリペア技術でリペア(補修)を行なっています。

代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!
ダイ・ケンオートサービス

自動車内装の傷みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
インテリアリペア

お気軽にご相談ください

メールでお問い合わせ

info@dk-as.com