レクサスの革ハンドルの擦れや塗装の剥げに困っています。補修塗装はできますか?

革ハンドルの補修で多いご質問

「革ハンドルが擦れて色が剥げているのですが修理塗装はできますか?」

今回のお悩みはレクサスの革ハンドルの擦れ色剥げ

個人ユーザー様からお電話でお問い合わせをいただきました内容は、

  • レクサスLS
  • ハンドルが擦れてしまって気になる
  • 純正ハンドルに取り替えるとかなり高額になる
  • 綺麗になるのなら塗装して補修して欲しい

といったものでした。

レクサス

革ハンドルは運転の時に必ず触れる箇所ですから、使っているうちにどうしても擦れてしまって色剥げが発生しやすくなります。

福岡県から実際にご来店いただいてハンドルを拝見しますと、ほんの少しだけですが擦れて色剥げが発生していました。

オーナー様にとっては、この少しの擦れ色剥げが気になられるとの事でした。確かに高級車レクサスですので、ちょっとした傷みでも気になるでしょうね。

この程度の擦れや色剥げでしたら問題なく綺麗にリペア修復ができます。さらには、リペア補修後はすぐに握れて乗ることができますので、お客様にも喜んでいただいています。

もちろん使用している塗料は人体に無害で無臭のものですのでご安心ください。

革ハンドルの補修方法

  1. リペアする箇所をしっかりとクリーニングします
  2. 車内を汚さないようにしっかりとマスキングします
  3. 擦れで微妙に凹んでいる箇所に充填剤を入れます
  4. 周囲となじませるようにサンディングをします
  5. 消えてしまったシボ模様を再現します
  6. 革専用の特殊な塗料で塗装をします

革ハンドル擦れ色剥げのビフォーアフター

ハンドル補修ビフォー

レクサスハンドルの擦れ色剥げ01

レクサスハンドルの擦れ色剥げ03

レクサスハンドルの擦れ色剥げ02

ハンドル補修アフター

レクサスハンドルの擦れ色剥げ補修01

レクサスハンドルの擦れ色剥げ02

少しの擦れ色剥げでしたので写真では分かりづらいですが、革の手触りや質感なども違和感なく仕上がっています。

このようにハンドルでよくある表面の擦れ色剥げなどもインテリアリペアの技術で修復が可能です。

革ハンドルの表面の塗装が剥げた部分を綺麗にリペア補修をしており、あくまでも部分的な補修ですが周との違和感もなく仕上がりました。

お客様の声

ハンドルの擦れが乗るたびに気になって仕方ありませんでした。こんなに綺麗になって、はるばる遠方から来た甲斐がありました。


佐賀県佐賀市の(株)ダイ・ケンオートサービスでは、自動車内装の

  • 本革、革、合皮、レザー、ビニールレザー
    • シート
    • ハンドル
    • ドア内張り
  • プラスチック
    • ダッシュボード
    • ピラー
    • ドア内張り
  • 布、モケット
    • シート
    • 天井
    • ドア内張り

などの、

  • 破れ
  • 擦れ
  • 色剥げ
  • 焦げ穴
  • 変色

などを、取り替えや張り替えをせずに、部分補修であるインテリアリペア技術でリペア(補修)を行なっています。

代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!
ダイ・ケンオートサービス

自動車内装の傷みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
インテリアリペア

お気軽にご相談ください

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

友だち追加数

友達追加をしてお問い合わせください