革巻きハンドルをアドカラーでDIY塗装したら失敗した!修理をやりなおしてください!

今回はフェラーリの革巻きハンドルのリペアのご紹介です。なんと静岡県の方から郵送でご依頼をいただきました。ありがたいことです。

事前にお電話で打ち合わせをしていましたが、ハンドルが擦れて色が剥げてきたので、ご自分でアドカラーという革用の塗料で塗装をされたそうです。しかしあまりうまくいかずに、弊社でリペアをやり直してほしいとのことでした。

郵送でのステアリングリペアのご依頼

郵送でのリペア依頼

郵送でのリペア依頼


アドカラーでの塗装失敗

アドカラー塗装失敗

アドカラー塗装失敗

アドカラー塗装失敗

よく見ますと、表面がデコボコになったりムラになったりしています。また革巻きハンドル特有の革の質感が損なわれて、テカりがでてしまって何となく安っぽく見えます。また、アドカラーは少々ベタつきが出やすいと感じます。ハンドルは手で握るパーツですので、ベタつくのは避けたいところですね。

それではエガ社長!リペア作業をがんばります!!
エガ社長

まずは、塗装されたアドカラーを溶剤で溶かしながら剥ぎ取ります。綺麗に剥ぎ取っておかないと、あとで塗装障害が起こる可能性があるからです。

こういった作業工程が増えますので、DIY失敗のリペアは料金が高くなってしまいます。

アドカラー



それからプロならではの下処理を行います。この下処理が重要で、後々塗料が剥げたりすることを防ぎます。

革ならではの風合いや手触りを再現しながら塗装をすれば完成です!

弊社で使用する塗料は、アメリカの専門機関で研究開発されている物で市販はされていない特殊な専用塗料です。

革の風合いを損ねずに、擦れにも強く変色もしにくい物となっています。

ハンドル修理後01

ハンドル修理後02

ハンドル修理後03



革巻きハンドルならではの高級感が溢れるしっとりとした仕上がりになりました。

遠方からの郵送でのリペアご依頼の流れ

  1. 電話やメールで打ち合わせをします
  2. 弊社にご郵送頂きます
  3. リペア完了後に写真をお送りします
  4. 仕上がりにご納得後、料金をお振り込みいただきます
  5. お振込の確認後、返送します

佐賀県佐賀市の(株)ダイ・ケンオートサービスでは、自動車内装の

  • 本革、革、合皮、レザー、ビニールレザー
    • シート
    • ハンドル
    • ドア内張り
  • プラスチック
    • ダッシュボード
    • ピラー
    • ドア内張り
  • 布、モケット
    • シート
    • 天井
    • ドア内張り

などの、

  • 破れ
  • 擦れ
  • 色剥げ
  • 焦げ穴
  • 変色

などを、取り替えや張り替えをせずに、部分補修であるインテリアリペア技術でリペア(補修)を行なっています。

代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!
ダイ・ケンオートサービス

自動車内装の傷みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
インテリアリペア

お気軽にご相談ください

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

友だち追加数

友達追加をしてお問い合わせください