革シート、レザーシートのひび割れや破れをDIYで補修できますか?

(株)ダイ・ケンオートサービスは革、合皮、レザーの補修を最も得意としています。

毎日数件のお問い合わせをいただいていますが、

「シートのリペアをお願いしたいのですが費用の面でできないので、自分で補修する方法はないでしょうか?」

といったお問合わせもいただきます。要はDIYで補修されたいということですね。

弊社でリペアする時の材料は、アメリカで研究開発された専用の材料です。塗料だけでなく下処理に使う物もです。これらは市販では売られていません。

擦れて色が剥げているだけの場合、単純に色を塗れば良いわけでなく、様々な下処理を行います。そうしないと綺麗に仕上がりません。

塗装用の塗料の調色も微妙な色合わせを行います。

簡単にリペアできるわけではないのですね。

破れがなければ市販されている皮革用の塗料の染めQやアドカラー等を使って塗装することは可能だと思います。

しかし綺麗に仕上げることは困難だと思います。破れがあるとまず綺麗に補修することは無理だと思います。

弊社で使用している破れの補修材は様々な耐久テストを行なったものです。

テスト内容合格基準トータルサービス
1.乗降時の荷重6,000回28,500回
2.乗降時の摩擦4,000回36,245回
3.縫い目の耐久120回480回
4.運転時の摩擦3,000回10,760回
5.曲げ伸ばし60,000回104,420回
6.ひび割れなしなし
7.べたつき・粘つきなしなし
8.色落ち(湿った布)GUARD 5GUARD 5
9.色落ち(乾いた布)GUARD 5GUARD 5
10.色落ち(紫外線)GUARD 4GUARD 5

このようなことからDIYで革シートやレザーシートを補修することは困難だと思いますし、後々に障害が発生する可能性が高いと思います。

餅は餅屋と言いますが、車内品のリペアはダイ・ケンオートサービスにお任せください。

本革シートの破れ補修前

本革シートの破れ補修01

本革シートの破れ補修後

本革シートの破れ補修02

佐賀県佐賀市の(株)ダイ・ケンオートサービスでは、自動車内装の

  • 本革、革、合皮、レザー、ビニールレザー
    • シート
    • ハンドル
    • ドア内張り
  • プラスチック
    • ダッシュボード
    • ピラー
    • ドア内張り
  • 布、モケット
    • シート
    • 天井
    • ドア内張り

などの、

  • 破れ
  • 擦れ
  • 色剥げ
  • 焦げ穴
  • 変色

などを、取り替えや張り替えをせずに、部分補修であるインテリアリペア技術でリペア(補修)を行なっています。

代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!
ダイ・ケンオートサービス

自動車内装の傷みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
インテリアリペア

お気軽にご相談ください

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

友だち追加数

友達追加をしてお問い合わせください