ビートルのインパネのベタベタをリペア補修で再塗装しました

今回ご紹介するのは、ビートルのインパネのベタベタのリペア補修です。

外車の内装品に多いのですが、高級感を出すためにマット調のゴムのような質感で高級感があって手触りもサラサラしているラバー塗装が施工されているものがあります。ラバーコーティングとも呼ばれます。

しかしこの塗装は、経年によって溶け出したようになりベタベタになってしまいます。これが指や手に付着して、それが白いワイシャツなどに付くと拭いても取れなくなり非常に困ります。

ビートル


ビートルのインパネのベタベタ

写真では分かり辛いですが、ダッシュボードを始めとして様々な内装パーツが溶けたようにベタベタになっています。

これだと手や服に塗料が付着して大変です…


ビートルインパネのベタベタ

指で触るとこのように触った痕が残ります。指にも黒い塗料が…


ビートルのインパネのベタベタ

外せるパーツはお客様に外してもらっています。かなりのパーツの量です。


ニュービートルのインパネのベタベタ

まずは外せなかったパーツや、塗装しない箇所を丁寧にマスキングをしていきます。この作業で手抜きをすると、塗装してはいけない部分にも塗料が掛かってしまい、後々大変になりますので慎重に行います。


それからベタベタになった塗膜を、溶剤を使って剥ぎ取っていきます。そしてしっかりと塗装が密着するように様々な下処理を行なって、塗装をすれば完成です!

インパネのベタベタを再塗装

これでサラッサラの内装に生まれ変わりました!

佐賀県佐賀市の(株)ダイ・ケンオートサービスでは、自動車の様々な内装パーツの傷みを補修して修復しています。

リペアできる素材

  • 本革、革、合皮、レザー、ビニールレザー
    • シート
    • ハンドル
    • ドア内張り
  • プラスチック
    • ダッシュボード
    • ピラー
    • ドア内張り
  • 布、モケット
    • シート
    • 天井
    • ドア内張り

リペアできる傷み

  • 破れ
  • 擦れ
  • 色剥げ
  • 焦げ穴
  • 変色



このような自動車内装パーツの傷みを、取り替えや張り替えをせずに、部分補修であるインテリアリペア技術でリペア(補修)を行なっています。

代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!
ダイ・ケンオートサービス

自動車内装の傷みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
インテリアリペア

お気軽にご相談ください

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

友だち追加数

友達追加をしてお問い合わせください