台風で被害を受けた自動車は車両保険が使えるの?保険料は高くなる?

台風

台風による飛来物で自動車が損傷した場合、自動車任意保険の「車両保険」の保証の対象になります。

自動車の台風による被害は主に以下の3点になります。

  • 台風による水没
  • 台風による土砂災害で損傷した場合
  • 台風により飛来した物がぶつかった場合

台風被害で車両保険を使った場合の次年度の等級は、保険会社のプランでも変わりますが以下の2通りがあります。

  1. 等級据え置きの自動車保険
  2. 1等級ダウンの自動車保険

ではその事について詳しく解説します。

自動車保険の等級とは?

まず初めて自動車任意保険に加入すると、6等級からスタートします。

1年間で何も保険を使わなければ等級が1つ上がり、次年度は7等級になります。支払う保険料も安くなります。

逆に交通事故等で保険を使用すると等級が3つ下がり、次年度は3等級になります。もちろん支払う保険料はかなり高くなります。

これは1回の事故に対してです。

1回の事故とは?

例えば1回の事故で、

  • 相手の車の修理(対物保証)
  • 相手のケガの治療費(対人保証)
  • 自車の修理(車両保険)

この3つを使用したとしても、それは1回の事故となります。ですので損害額・補償額がどれだけだったとしても、次年度は3等級下がります。

一方で、別々の日に小さな交通事故が2回あって、それぞれで保険を2回使用しますとそれは2回の事故となります。次年度は6等級下がる事になります。

交通事故での修理金額・補償金額に関係なく、回数が問題だということを覚えておきましょう。

ノーカウント事故について

保険を使うことで3等級下がると解説しましたが、ノーカウント事故というのもあります。しかしここでは話がズレますので解説は省略します。


車両保険とは?

車両保険とは、衝突接触などの偶然な事故によって、車に損害が生じた場合に適用される保険で、自身の車が対象となる保険です。

車両保険に入っておくことで、自身に過失があったとしても修理費用が保証されます。

また車両保険には種類があります。

車両保険の種類の例

  • 車両保険 一般
    交通事故による自車の損害
    火災・爆発
    台風・洪水・高潮
    盗難
    自損事故
    あて逃げ
  • 車両保険 車対車+A
    交通事故による自車の損害
    火災・爆発
    台風・洪水・高潮
    盗難
  • 車両保険 車対車
    交通事故による自車の損害(台風被害は対象外)

呼び名や保障対象は保険会社によって変わります。最近は一般型とエコノミー型の2種類のプランも多くなっています。


台風被害による車両保険の使用

通常は保険を使うと次年度は等級が3つ下がります。車両保険も基本的には同じです。

しかし台風被害の場合は少し違います。

これは保険会社やプランで変わりますが、

1等級ダウンもしくは等級据え置きとなります。


台風被害で車両保険は使ったほうが良いのか?

そうすると、台風被害で自動車が損害を受けた場合は、車両保険は使ったほうが良いのでしょうか?

これは一概には言えませんが、損害額や保険のプランによって変わるとしか言えません。

損害額がかなり安い場合には車両保険を使わずに、自腹で修理したほうが良いでしょう。

しかし自動車の修理は、ちょっとした傷でも数万円はかかります。その理由は動画で解説していますのでぜひご覧ください。

少しの傷でも修理費用が高い理由の解説動画


台風被害の場合は、たいていは数万円〜数十万円は掛かるでしょうから、車両保険を使ったほうが良いケースが多くなるかと思います。

まずは加入している保険会社(代理店)に相談してみましょう。相談にも乗ってくれない保険会社だったら、切り替えも検討したほうが良いかもしれません。


ダイ・ケンオートサービスでは台風被害の保険修理も可能です

もしも台風の被害で車両保険を使われる場合は、ダイ・ケンオートサービスでも修理をお受けしています。

面倒な保険会社との交渉はすべて引き受けますので、あなたは保険会社さんに「ダイ・ケンオートサービスに修理をたのみます。」と連絡をしていただくだけです。

あとは修理が終わるのをお待ちいただくだけです。

保険修理もお気軽にご相談ください。


お気軽にご相談ください

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

友だち追加

友達追加をしてお問い合わせください