郵送で革巻きハンドルのリペアのご依頼をいただきました

今回は、はるばる和歌山県から郵送でのご依頼の革巻きハンドルです。

表面の塗料が剥げて、素材の革がささくれだっています。

革巻きハンドルの修復01

革巻きハンドルの修復02

以前でしたら、革巻きハンドルがここまで傷んだ場合は、革を巻き替えるしかありませんでした。

しかしインテリアリペア技術を使えば、補修で綺麗にする事ができます。

まずは古くなった表面の塗料を剥ぎ取り、素材の革を整えます。

その後下地処理を行い塗装をします。

革巻きハンドルの修復03

革巻きハンドルの修復04

返送後、お電話で仕上がり具合のご確認をしましたが、大変喜んでいただけました。