ヘッドライトの黄ばみ落し後のクリア塗装は必要?

ヘッドライトの黄ばみを落とす方法は、市販品で代用することも可能です。

(しかしヘッドライト表面の奥にできた黄ばみまで取ることは難しいですが…)

例えば金属磨き剤のピカールを、ウエス等に付けて磨けば、ある程度までは黄ばみを取って綺麗にすることはできます。

ピカール


また、ボディー用の粗目のコンパウンドで磨いてもそれなりに綺麗にすることはできます。

変わったところでは、エタノールで黄ばみを除去する方法もあります。これは少し白っぽくなるので最後にコンパウンドなどで磨いて仕上げる必要があります。

しかし、磨いて黄ばみを取っただけでは2~3ヶ月もすれば黄ばみが出始め、更に時間が経つと以前より黄ばみが酷くなってしまいます。

ですので、黄ばみを取った後はクリアコーティングをする必要があります。

市販品でも、ヘッドライト用のコーティング剤は多く売られています。

しかしその大半は、ウエス等にコーティング剤を付けて塗り込むタイプです。

この手のヘッドライトコーティング剤は、時間が経つと濁ったような黄ばみ方をしてきます。

更に、下処理である黄ばみ取り作業で、目に見えないような黄ばみ成分を綺麗に取っていない状態でコーティングをすることで、黄ばみを余計に繁殖させてしまう可能性があります。

ダイ・ケンオートサービスのヘッドライトコーティングは、ポリッシャーの回転時の摩擦熱で、コーティング膜を形成するものです。

ヘッドライトコーティング

更に、特殊な紫外線カット成分が含まれているために、黄ばみの再発を抑えることができます。

ダイ・ケンオートサービスでは、黄ばみ落とし剤やコーティング剤は、専用に特別に開発されたものを使用しています。

更にプロの技術で、ヘッドライトを美しくクリアにできます。


向かって左側のみ施工

ヘッドライトリペア


ヘッドライトの黄ばみ・くもり・くすみなどでお困りの方はダイ・ケンオートサービスにお気軽にご相談ください。


代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!
ダイ・ケンオートサービス

ヘッドライトリペア


お気軽にご相談ください

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

友だち追加数

友達追加をしてお問い合わせください