チャイルドシートの洗い方は?実は見た目以上にかなり汚れています!

チャイルドシート

可愛いお子さんを交通事故から守るチャイルドシート。もしもの時のために、短距離であっても絶対に抱っこをしての運転はやめてくださいね。

そんなお子さんを守ってくれるチャイルドシートですが、子供さんが使うものですからどうしても汚れてしまいます。

ジュースやミルクをこぼしたり、お菓子などの食べかすなどをこぼすのは当たり前。

しかもチャイルドシートは見た目以上に汚れています。赤ちゃんでしたらその汚れたチャイルドシートを舐めたりもします…

お子さんのためにもチャイルドシートは綺麗にしておきたいものですね。


チャイルドシートの洗い方

汚れたチャイルドシート

チャイルドシートは実はけっこう複雑にできています。複雑だからこそあちこちに汚れが溜まってしまいがちです。

そんなチャイルドシートを自分で洗う場合はなかなか大変です。洗濯機に丸ごと入れるわけにもいきません…

しかもチャイルドシートごとに作りも違うので、ここで解説するのにも限界があります。ですのでチャイルドシートの洗い方を簡単に説明させていただきます。

カバーを外す

基本的にはボタンかフックで留められていますので、焦らずに丁寧に外していきます。

外せるだけのパーツを外す

後で分からなくならないように、写真を撮りながら外していくと、後で組み立てるときの参考になります。

スポンジを外す

スポンジは骨組みに貼り付けてある場合もありますので、その場合は無理に外さなくて良いと思います。

各パーツを洗っていく

  • カバー
    手洗いか洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います。お子さんが洗剤負けをしないように、子供用の洗剤で洗うと良いと思います。
  • 各パーツ
    これも手洗いか洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います。洗濯機で洗うとボロボロになりそうな場合は手洗いをしましょう。
  • スポンジ
    これはボロボロにならないように、手洗いで優しく洗ってください。
  • 骨組み
    スポンジやタオルで綺麗に拭き上げてください。

よく乾かしてから組み立てる

殺菌も考えて天日干しにすると良いと思います。

以上がチャイルドシートの洗い方の流れです。読んでみると簡単そうに思えますが、実際にやるとなかなか大変です。


チャイルドシートのクリーニングはプロに任せませんか?

ダイ・ケンオートサービスのチャイルドシートクリーニング

ダイ・ケンオートサービスでは、自動車のシートを含む車内のクリーニングをやっています。



そんな中で隠れた人気サービスメニューが、チャイルドシートクリーニングです。

専用の機材でチャイルドシートの汚れやシミを奥から吸い上げて綺麗にします。さらに高温の温水を使用しますので殺菌効果もあります。

これまで実際にチャイルドシートクリーニングをした写真をご紹介します。

チャイルドシートクリーニング ビフォー・アフター

ビフォー
チャイルドシートクリーニング01

アフター
チャイルドシートクリーニング02


ビフォー
チャイルドシートクリーニング03

アフター
チャイルドシートクリーニング04


ビフォー
チャイルドシートクリーニング05

アフター
チャイルドシートクリーニング06


チャイルドシートクリーニングの料金

一般の方が自分でやろうとするとかなり大変なチャイルドシート洗いですが、弊社ではお手軽な価格でクリーニングをさせていただいています。

一脚 4,000円~5,000円(税別)
料金は形状や汚れ具合で多少変わります。


妊婦さん出張引き取り・納品サービス

妊婦さん

妊婦さんにとっては自動車の運転も大変でしょうし、交通事故にでも遭ったら大変です。

そんな妊婦さんへのサービスとして、出張引き取り・納品サービスもやっております。

出張可能エリアはお気軽にお問い合わせください。

まとめ

チャイルドシートを自分で洗う場合は、分解と組み立てが一番難しいのではないでしょうか…

組み立て方が分からなくなったと、バラバラになったチャイルドシートをお持ち込みいただいたこともあります…

やはりクリーニングのプロにお任せいただくのが一番だと思います。

ご質問やご相談はお気軽にお問い合わせください。


お気軽にご相談ください

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

友だち追加

友達追加をしてお問い合わせください