『日本一の石段』を登って考えたこと

こんにちは、今年の目標は「早寝早起き」なエガ社長です!(≧▽≦)

熊本県に日本一の石段があります。その日本一の石段を登るために車で2時間以上をかけて行きました。

日本一の石段
登る前の余裕な表情のエガ社長


日本一の石段(釈迦院御坂遊歩道)とは?

熊本が全国に誇る日本一の3,333段の石段。全段登り切ろうとチャレンジする人が多く、途中には休憩所やトイレなどもあります。石段には、全国10ヶ所の名石のほか、外国7ヶ国の御影石が使われています。釈迦院に続く表参道「御坂」に建設されたこの石段は、町の活性化を図る新しい観光の目玉として昭和63年に完成しました。毎年11月には、「アタック・ザ・日本一」も開催されます。
もっと、もーっと!くまもっと。より引用

とりあえずチャレンジ開始です!

日本一の石段に挑戦


少し登ってみて…

わずか200段ほど登ったところで、

「いや…これヤバイでしょ…」

階段登るのってこんなにキツかったっけ…

息切れはするし足はガクガク…だって200段って言っても、普通のビルでも数階は登ったようなものです…通常だったらキツイからとエレベーターで登ります…

この時に気持ち的に諦めが入りました…これを3,333段…マジでヤバイ…

でもSNSで「これから登ります♪」的に投稿したばかり…ここで止めたらいい笑いものです…

行けるところまで登ろう!

仕方がないので、休憩を多めに取りながらゆっくりゆっくり登りました。


歩けるって幸せ

歩きポイント

石段を登ると所々に歩けるポイントがあります。そこで不思議な感覚になるのです!

歩くのって楽だと感じて、「あー良かった〜!少し歩ける〜♪」って喜びを感じちゃうんです!

比較対象が石段登りですので歩くのが楽に感じちゃうんですね。普段は家ではトイレまで歩いて行くのも面倒くさいと思うのに…なんか深く考えてしまいましたね〜

人生や仕事で辛いと感じたときは、それより辛かったことを考えれば乗り越えられる!そう思いました。

ですので、ウォーキングでも石段登りでも仕事でも、自分の限界までやることは必要だなと感じました。

あの時の辛さに比べればなんて事はない!大丈夫!乗り越えられる!


チェックポイント

不思議なもので、しばらく登っていると足や身体が慣れてくるのか、初めの200段ほどの辛さは感じなくなりました。

1,000段目

千段目

2,000段目

2千段目

3,000段目

3千段目

いやいや死にそうやん…(汗)


そしてゴール!!

3,333段目

約2時間掛かって3,333段を登りきりました!

登った先は、綺麗な景色があるとか何かがあるとかはありません。

日本一の石段の頂上

なーんもないです…少し休んで降りていきました…


降りながら考えたこと

今日この石段を登った意味って何?目的って何?

そのことを考えながら降りました。登りきった先に何かがあったわけではありません。

私は、マラソン大会に向けて足腰を鍛えることと、自分の弱い部分を鍛えることでした。

でも他の人はまた違う意味や目的があるのでしょう。

人が生きる意味や目的は、予め与えられているのではなく自分で決めるもの!だと再認識した石段登りでした。

私の仕事のカーケア業をやる意味や目的も、私自身が決めることですね。

それはもちろん生きていくための仕事でもありますが、

お客様の困ったを笑顔に変える

これを仕事の目的として、これからも頑張っていこうと改めて決めました。



お気軽にご相談ください

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

友だち追加

友達追加をしてお問い合わせください