笑顔が集まるカーケア専門店
9:00〜18:00

ブルーバードシルフィのダッシュボードのブツブツ

「ダッシュボードが気持ち悪いことになっているから見て欲しい」とのご依頼を受けて、お見積りに行きました。

ダッシュボードのぶつぶつ


確かに見ただけでぞっとしますね‥これは自然に発生した気泡です‥

これは一部のブルーバードシルフィーに起こりやすい現象です。他にも、サファリやインフィニティーFXなどでも発生するようです。

リコール情報を調べましたら、日産のサイトに以下のようにありました。

ブルーバードシルフィ他2車種のインストルメントパネルに関する保証期間延長について

保証期間の延長高温、多湿環境下で長期間に渡って使用を続けた場合、材料特性のばらつきにより、ごくまれにインストルメントパネル表面に気泡のような膨らみが発生するおそれがあります。 そのため、当該現象についてはインストルメントパネルの保証期間を下記の通り延長させていただきます。

【従来の保証期間】新車登録から3年間。ただし、その期間内でも走行距離6万kmまで

【変更後の保証期間】新車登録から7年間。(期間内であれば、走行距離の制限はありません)
修理内容上記のような現象が発生し、日産販売会社で点検の結果、当保証期間延長に該当する場合は、インストルメントパネルの交換(無償)をさせていただきます。
お客さまへのお願いご愛用の皆様には、ご多用のおり誠に申し訳ございませんが、上記のような現象が発生した場合は、最寄りの日産へ来店日時をご連絡いただき、点検をお受けいただきますようお願い申し上げます。

対象の車種・型式・車代番号・製作期間

型式通称名保証延長対象車の
車台番号の範囲
保証延長対象車の
製作期間
DBA-G11ブルーバードシルフィG11-000101
~G11-030139
平成17年11月
~平成21年6月
DBA-KG11KG11-005001
~KG11-100926
平成17年11月
~平成21年6月
DBA-NG11NG11-001001
~NG11-020068
平成17年11月
~平成21年6月
TA-WFGY61サファリWFGY61-002001
~WFGY61-003659
平成16年8月
~平成19年6月

日産自動車ホームページより引用

一部の型式では、まだリコール対象期間ですので(執筆当時)、このような事でお困りの方は、一度日産に問い合わせてみましょう。

これは無理やりリペアすることも可能ではありますが、

  • 仕上がりが良くないこと
  • 再発の恐れがあること
  • 高額になること

を考えて、取り替えをお勧めします。

代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!


ダイ・ケンオートサービス

自動車内装の傷みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP