笑顔が集まるカーケア専門店
9:00〜18:00

レクサスLS・ISの革シート、ハンドル、ピラーなどの内装品の修理

ダイ・ケンオートサービスで好評をいただいているインテリアリペア(内装の修理・補修)技術は、中古車屋さんからのご依頼も多くいただいています。

中古車屋さんは、中古車を出来るだけ綺麗にして売って、お客様に喜んでいただきたいと思われるからです。高級車なら尚更ですね。

ん百万円もするお車のシートやハンドルなどがボロボロでしたら、お客様も買うのを躊躇われるでしょうから。

ここ最近は、大人気のレクサスの内装の補修が続きました。

人気がある=よく売れる=リペアのご依頼多い

となりますね。

 

革シートのインク染みのリペア

レクサスLSの革シート補修

白い革シートに付着したボールペンかマジックと思われる染みが、どうしても取れないとのことで、リペアのご依頼をいただきました。

ボールペンなどのインクは、革シートに付くと奥まで浸透してしまいますので、普通ではまず落とせません。無理に落とそうとすると革シートの塗料を剥がしてしまい、変色してしまいます。

インテリアリペア技術で、再塗装することで綺麗に蘇らせる事ができます。

 

革シートの擦れ・色剥げ・ひび割れのリペア

レクサスISの革シート擦れ補修

革シートは乗り降りする時にどうしても表面が擦れてしまいます。擦れる事で劣化し、ひび割れや色剥げが発生します。放っておくと破れにまで発展してしまいます。

インテリアリペア技術で、表面を整えた後に再塗装をすることで綺麗に蘇らせました。

 

センターピラーの擦れ・破れ

センターピラーの擦れ破れの補修

これも乗り降りする時に身体やベルトなどで擦れてしまい、色が剥げたり破れてしまっています。

乗り降りする時に毎回目に入る部分ですので、傷みが目立ってしまいます。

破れ部分を塞ぎ、再塗装することで綺麗に蘇らせました。

 

外装のボディーを修理する業者は多いですが、内装品を修理できる業者はなかなかありませんので、内装品の傷みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!


ダイ・ケンオートサービス

自動車内装の傷みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP