ビニールレザーシート補修|煙草の焦げ穴だってリペアします!

今回はビニールレザーシートの焦げ穴のリペアのご紹介です。本革に比べて熱に弱いので、煙草の火種が一瞬でも当たるとジュッと溶けてしまいます。

目次

ビニールレザーシート焦げ穴

ビニールレザーシート焦げ穴補修01
ビニールレザーシート焦げ穴補修02

まずは焦げ穴を塞いでいくのですが、熱で硬化させるパテを使用するために、ビニールレザーシートだと簡単に溶けてしまうので。非常に難しい作業となります。

ビニールレザーシート パテ埋め

ビニールレザーシート焦げ穴補修03

特殊な補強用のシートも同時に埋め込んで耐久性を持たせます。シートは乗り降りする時に力が加わりますので、しっかり補強をしておかないと、またすぐにリペアした部分が破れたりする恐れがあります。

ビニールレザーシート シボ模様の再現

ビニールレザーシート焦げ穴補修04

パテ埋めした部分はつるんと平らになってしまいます。そのままだとリペアした部分に違和感が出ますので、シボ模様を再現して目立たなくします。

ビニールレザーシート リペア後

ビニールレザーシート焦げ穴補修05

最後に調色したレザー用の塗料で塗装をすればリペア完了です!塗料は素材に合わせて使い分けています。そのことで、見た目や風合いを合わせることはもちろんですが、簡単に塗料が剥げたりすることを防ぐことができます。

代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!

代表江頭健二

自動車内装の傷みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。インテリアリペアリペアの詳細は下記リンクよりご覧ください。

お気軽にお問い合わせください。0952-47-7033営業時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

メールでお問合せ

LINEでお問い合わせ

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる