笑顔が集まるカーケア専門店
9:00〜18:00

車のシートの修理はリペアのプロにお任せ!

自動車のシートは、乗り降りする時にどうしても擦れてしまい傷んでしまいます。

それを取り替えたり張り替えるとなると、かなり高額になりますし時間も掛かります。

しかしインテリアリペア技術(修理・補修)ですと、部分補修ができますので早く安く修理・補修をすることができます。

シートの素材ごとの傷み

布系シートで多い傷みとリペア施工例

布系のシートでは擦れを修理することはできません。また、布系シートの模様や色柄によって、仕上がりに差がでてしまい補修痕が目立ちやすいものもあります。

タバコの焼け焦げ

布系シートのでのリペアのご依頼が多いのはタバコの火種による焦げ穴や焼け焦げです。
完璧には直せませんが、目立たないように仕上げる事ができます(色柄にもよります)。

布シート焦げ穴リペア布シート焦げ穴リペア

小さな破れや切れ

布系シートの場合は、大きな破れや切れを修理することは難しいですが、小さな破れや切れを修理することはできます。補強をして極力再発を防ぎます。

布シートの破れ布シートの破れ

合皮シートで多い傷みとリペア施工例

破れ・切れ

合皮シートは経年により破れや切れが発生しやすい素材です。破れ・切れの状態にもよりますが、ほとんど分からなくなるくらいに修理をすることができます。

合皮シートの破れ合皮シートの破れ

タバコの焼け焦げ

合皮は熱に弱い物が多いので、タバコの火種が当たるとすぐに溶けてしまう事が多いです。焦げ穴や焼け焦げを補修し、ほとんど分からなくなるくらいに修理をすることが可能です。

合皮シートの焦げ穴合皮シートの焦げ穴

革・本革で多い傷みとリペア施工例

擦れによる色剥げ・変色

革シートで一番多いのは擦れによる色剥げや変色です。革シートの革は、動物の皮を鞣して強くしたものに塗料で着色をしてあります。ですので、乗り降りする時に擦れて塗膜が剥げることがあります。

革シートのひび割れ革シートの色剥げ

経年や擦れによるひび割れ

革の表面がひび割れてくるのも革シートに多い症状です。素材の革が折れ曲がったりシワになったりすることで、表面の塗膜がひび割れてきます。シワ自体を完全には消せませんが、自然な感じでシワを残して仕上げていきます。

革シートのひび割れ革シートのひび割れ

破れ・切れ

破れや切れは経年によるものが多いです。ひび割れが酷くなって破れにつながる事が多いようです。もちろん、刃物や硬いものを引っ掛けて破れてしまったものもリペアできます。

市販の艶出し剤や革保護剤を塗ることで素材の革を固くしてしまい、破れを誘発するケースがあります。弊社では、革シートのお手入れは基本的には何も塗らない事をお薦めしています。

関連記事

革シートの破れ革シートの破れ

まとめ

このように、布シート・合皮シート・革シートの様々な傷みは部分補修で修復することが可能です。

取り替えや張り替えという選択肢もありますが、リペアという部分補修技術があることも知っておいていただければと思います。

リペアの特徴は、完璧には補修できないけど、早く安く施工ができるということです。

シートの傷みはあきらめる前に、まずはダイ・ケンオートサービスにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。0952-47-7033受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合せメールフォーム

LINEでお問い合わせ

LINE友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP