50プリウスのハンドルの表皮のシワ・剥がれの原因と解決方法

目次

依頼が増えてきた50系プリウスのハンドルリペア

昨年(2020年)頃から、50プリウスのハンドルのリペアのご依頼が増えてきました。
通常のハンドルの擦れとは違うので、いろいろ調べてみました。

ネットで調べると、この現象は多く発生していることが分かりました。

ハンドルのシワと剥がれの原因を推測

ハンドルのよくある傷み方は、手で擦れて表面が徐々に剥げていく感じです。

一般的なハンドルの擦れの例

ハンドルの擦れ

しかし50系プリウスのハンドルは、まずは表皮(塗膜)が縮んで(?)シワになって、そこから剥げていくようです。

推測ではありますが、手の汗と車内の熱で表皮が浮いてしまい、縮んでシワになりやすい素材なのではないかと思います。

このシワが擦れる事で、表皮の剥がれが発生しているようです。

ちなみにこの50系プリウスのハンドルは、本革風に作られた合皮製の素材になっています。

ディーラーで一般保証での無償交換の対象?

私が実際にディーラーに確認したわけではないですが、この表皮のシワ・剥がれは、新車から3年もしくは6万キロまでだったら、一般保証での無償交換の対象になるとの情報がありました。

新車から3年間または6万km走行時点のいずれかの早い方まで一般保証は、エアコンやトヨタ純正ナビなどの電装部品を含め、ほとんどの部品が保証対象となります。

トヨタ アフターサービス | 保証とサポート | メーカー保証について |

縫製のやり方に問題があったらしいとの事で、交換品はしっかりとした縫製がされているのだとか…

しかし私が見た感じでは、表皮(塗膜)の質に問題があるようにも感じますが…

まずはディーラーに確認されると良いかと思います。

ハンドルリペアで修復する

ディーラーさんから無償交換ができなかった場合は、ダイ・ケンオートサービスでリペアをして修復する事が可能です。

リペア前
リペア後
リペア前
リペア後

料金は18,000円(税別)〜となります。悪化しますと料金も高くなり、仕上がりも悪くなりますので、早めのリペアをお勧めします。

代表の江頭が、最高の技術と材料で、真心を込めてリペア作業を行ないます!

代表江頭健二

自動車内装の傷みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。インテリアリペアリペアの詳細は下記リンクよりご覧ください。

お気軽にお問い合わせください。0952-47-7033営業時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

メールでお問合せ

LINEでお問い合わせ

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SNSにシェア
目次
閉じる